パスポート認証(行政書士によるパスポートコピー証明)が必要な場面

パスポート認証は、以下のような場面で求められることがあります。

1.海外の銀行口座・証券口座を開設(解約)するとき: 銀行や証券会社が本人確認のためにパスポート認証を要求することがあります。

2.海外口座を相続したとき: 相続人が海外在住の場合、パスポート認証が必要になることがあります。

3.海外勤務、海外留学、観光等のビザ取得のとき: ビザ申請の際にもパスポート認証が必要になります。

メールやお電話で依頼を受けた場合は、ご本人とお会いして、パスポートとご本人を確認できる資料(運転免許証かマイナンバーカード)を確認してから、作成いたします。

メールやLINEで先にパスポートと本人確認資料をお送りいただくとスムーズに作成できます。

パスポートのコピーと認証文1枚と行政書士証票の写し(英文翻訳)1枚を作成いたします。

パスポートコピーにご本人にお会いしました、原本を確認しました、本物に間違いありませんという認証文をおつけいたします。

英語対応とさせていただきます。

パスポート認証 8,000円(税抜き)

<中目黒の安心して相談できる行政書士事務所〉のたち行政書士事務所へ、ぜひお気軽にお問い合わせください。